大阪の物件マニア必見、不動産現金化の方法

大阪には東京と並んで数多くの不動産があり、特に大阪は商業の街であり、下町も多く、道も入り組んでいる所がたくさん残っています。個性的な物件も多く存在します。そのため、変わった不動産や価値のある建築を見て回るのを趣味とする物件マニアもたくさんいます。

不動産は購入して所有するケースと賃貸として住む場合がありますが、購入した場合、その物件の所有権を持ち、所有者の財産となります。そのため、万が一の場合は売却して現金化を行う事ができます。ですが、急いで不動産を売って現金化したい!どんな売却方法がありますか?と質問があれば、本当に急いでいる場合は買取業者への売却がおすすめです。買取業者であれば、あらかじめ現地調査査定を行って買取金額の提示を行い、それに対して売主の承諾が得られていれば最短1日で不動産の現金化は可能になります。重要事項説明書・売買契約書を交わすと同時に売買代金の支払い、抵当権が残っている場合は抵当権の抹消と所有権移転手続きを行う事になります。抵当権が残っている場合、売主、買取業者、仲介担当者、司法書士達愛の元、銀行にて抹消手続きと所有権移転を行うのが一般的な流れとなっています。最短での現金化であれば買取業者ですが、その買取額は市場の7割程度となります。これは、リノベーションして再販を行うためです。そのため、急いで売却を行いたいがなるべく高い金額で売却したい場合はお勧めできません。

少しでも高い金額でなるべく短期間で売却を行いたいという場合は、仲介業者で抱えている購入見込み客の中で条件にあう客を紹介してもらい方法をおすすめします。大阪だけではなく、不動産に詳しい物件マニアは全国に存在します。特に立地が良い場合や建物に価値がある場合には物件マニアといわれる客が殺到する場合もあります。購入申込書が同時に数件入った場合は、その中から条件あう買主と契約を行う事が出来るので、その中に現金購入の買主が現れれば短期間での現金化も可能といえるでしょう。買取業者同様、契約日までに所有権移転の手続きに必要な書類等の準備が整っていれば1日での現金化も可能となります。相手がローン利用の場合は審査から融資実行までに1、2週間の時間は必要となってしまうので、買取業者と比較して考えると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です