住み替えに着目する大阪での店舗用物件の活用

不動産投資をしたいというときに住み替えに着目して戦略を考えることができます。マイホームを購入したけれど住みづらくなってしまったから別のマイホームを手に入れたいという考え方を持つことは少なくありません。大阪にマイホームを購入したのは良いけれど、家族が増えて住むのが大変になってしまったというケースは想定しやすいものでしょう。しかし、住宅ローンが残っているので新たに買うのは困難ということもあります。この際にも住み替えができるようになっている点に着目して運用方法を考えていくと効果的な不動産投資を実現できる可能性があるのです。

5分で分かる「住み替え(買替え)ローン」の取り扱い説明書を参考にするとわかりますが、個人が住宅ローンを利用して住宅を買ったときに、住み替えをしたくなったら住み替えローンを利用することができます。金融機関がこのようなサービスを実施するようになってきたのは、住み替えをしたいと考えるケースが増えてきているからです。住み替えの際に住宅を売ってもローンを完済できないときに利用するのが住み替えローンの特徴であり、このサービスによってより多くの一戸建てやマンションの物件が流通するようになっています。これに着目して大阪で不動産投資を行うことが可能です。

このようにして流通してきた主に家族向けの物件はそのまま居住用として賃貸経営に利用することもできます。大阪では住居の需要が高い地域も多いことから、好立地の物件であれば居住用のまま利用するのが適しているでしょう。しかし、概して比較的新しい住宅から住み替えをしたというときに売りに出されている住宅は駅からのアクセスがあまり良くないことや、主要駅から遠いことなどが問題になっていることがよくあります。それでもなお住宅街に近いところになっているというものも多く、居住用の賃貸物件としてメリットもデメリットもある半端なもののことがよくあるのです。このようなときに考えたいのが店舗物件として賃貸経営をする方法です。インフラの工事を一通り行うことになりますが、大枠は残したまま運用できるので比較的初期コストは抑えることができます。住宅街が近い立地であれば様々な種類の店舗を構えたいという需要があるため、入居者の獲得に困らずに済むのがメリットになる不動産投資の方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です