大阪でアトリエ物件を売却するにあたって

大阪でアトリエ物件を売却する際、下げる?下げない?不動産の売却で価格交渉されたときの選択肢について判断するのは素人では難しいところです。もちろん不動産のプロでもその判断は難しいものではありますが、大阪で売買を行っているようであれば、市場の動きや、近隣のライバル物件と比較して、当該アトリエがどのような状況に置かれているかを判断できる事でしょう。

特にアトリエとなれば通常の住居用住宅となり、客層が限られて来る可能性があります。特殊な形状、間取りが少なくワンフロア、住居に必要な設備が足りないなど、立地が良くてもすぐに住む事が出来ない為、転勤で引越しを急いでる人やリノベーション費用をかけずにすぐに住み始めたい人には不向きとなっています。アトリエを探していた、セルフリノベーションを楽しみたい、もともと自分たちのライフスタイルに合わせたリノベーションを行う予定だった、立地優先で考えているという人が現れた場合にはオススメとなるでしょう。ですが、リノベーションを考えている人にとっては、以下に安く仕入れるかが今後を左右するため、シビアな価格交渉をおこなってくる可能性が高くなります。その場合は、販売を開始して1月以上たっているか、内見や問い合わせは何件あったか、周りのライバル物件の販売状況、あらゆる状況を担当者とともに客観的に判断して交渉を進めるか検討すると良いでしょう。

大阪には、ライバル社も競合物件もひしめき合っています。人気のエリアとなれば、アトリエ、古家付き土地、住居、どのような条件であっても買い希望客が多くいます。市場相場よりも高値であっても売却される場合も多くあります。大阪という大都市の中で、数多くの中から売却における価格交渉が入るというのは、その物件が魅力的であり、かつ、奇跡的な買い希望客との出会いであるといえるでしょう。せっかくの交渉も、時間をかければ買主のモチベーションも下がり他へと目移りもしてしまい、売却活動が長引けば長引くほど、売却価格や条件を見直す必要が出来てきます。例えば、価格の大幅な値下げ、アトリエから更地や住居間取りの変更、リノベーション付き物件などです。早期売却を目指すため、交渉が入った際はスピーディーな判断が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です