大阪の市街化調整区域の一軒家物件取引の注意

都市計画法では、都市計画区域を定めることができ、そのエリア内には、市街化区域と市街化調整区域の線引きをすることができるようになっています。
大阪でも多くのエリアが都市計画区域となっており、市街化区域と市街化調整区域などが決められています。
市街化調整区域は市街化を抑制する区域として定められているエリアとなっているため、通常は建築物を建築することが難しい地域となっています。
市街化調整区域で建築物を建てる場合には、都市計画法上の許可が必要となるケースがあり、許可を受けることができるかどうかも調査が必要です。

大阪内の市街化調整区域の所有不動産を売却する際の注意事項としては、きちんと建て替えをすることができるかどうかを調べておくことが必要であり、市街化調整区域の一軒家の物件を売却する際には、きちんと詳細な調査をすることが必要です。
既存建築物を解体して、宅地を分割して建売住宅を建てるという開発のような行為も市街化調整区域では、制限されていることがあるので、大阪の役所などにきちんと、建築や開発をする際の条件を確認した上で、売買時の重要事項説明書に盛り込むことが必要となります。
市街化調整区域は市街化を抑制するエリアということもあり、下水道処理区域から外れていることもあるので、きちんと事前にインフラ関係の整備状況も確認しておくことが重要となります。
建て替えなどをする際には、インフラ整備にコストがかかることを見越しておくことも必要となります。
下水道が整備されていない場合には、合併処理浄化槽を設置することを検討することとなり、ガスに関しても都市ガスエリアよりもプロパンガスエリアのほうが、ランニングコストは高くなります。

市街化調整区域に建っている一軒家物件は、市街化区域と比べて、建築について制限が強いということもあるので、土地の価格については、比較的リーズナブルな価格となっています。自然が残っているエリアもあるので、のどかな環境で生活を擦ることができるというメリットもあるエリアといえます。
大阪でも市街化調整区域に建っている一軒家の取引が行われているので、きちんと建て替えができる条件が整っている物件であれば、価格もリーズナブルであり、良い物件ということができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です