大阪の飲食店の物件を維持するための費用

大阪で飲食店を始める場合、その物件を維持するためにはそれなりの金額がかかります。そのため、大阪で飲食店を始める前には、その物件を購入しておしまいではなく、その後の修繕費などもしっかり考えて計画的にお金をためておくことが重要です。週刊誌などで物件の特集があり「積立は必要?一戸建て住宅の修繕費用は一世帯あたり約●万円」との見出しがあることもありますが、実際にはどれぐらいなのかを知っておくべきです。
もし大阪の店舗がマンションの場合、駐車場代の支払いは必須になります。また、マンションを所有する以上は修繕費をかけなければなりません。マンションの場合は一戸建て住宅と違い長期修繕計画があります。これは30年の間にどのような修繕が予想されるかを考え、マイナスにならないようマンションの住人から毎月一定の金額を積み立てることです。いわゆる積立金がこれにあたりますが、これは共有部分のみに該当するため、専有部分に問題が生じた場合はその積立金とは別に自分たちでお金を出さなければなりません。外壁塗装などは共有部分に当たりますが、水回りなどは専有部分に該当します。水回りの寿命は15年から20年以上になりますので、そのあいだはひたすら自分たちでお金を積み立てておくことが重要です。水回りのおよその金額は、洗面所やトイレで15万円前後、キッチンやユニットバスでおよそ70万円から80万円ほどになります。つまり、20年後には250万円ほどのお金が必要になることがわかるでしょう。
一戸建て住宅の物件の場合は、積立金が必要ありませんが、その代わりマンションに比べると自分たちで外壁塗装の金額を把握しておく必要があります。例えば、100平米の一戸建て住宅であれば、外壁塗装の費用はおよそ90万円から120万円ほどにほどになります。当然、それ以下の塗料も選ぶことができますが、耐用年数が短いため10年以内に塗り替えをしなければなりません。90万円以上のお金をかけた場合はおよそ15年から20年は塗装をしなくて済みます。そのように考えると、15年前に100万円近くのお金をためておいた方がよいです。それ以外でも、給湯器はおよそ10年から15年に一度壊れますので10万円の出費を考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です